東京こあらRECORD サッカー部

≫ EDIT

遅かりし 為之介w

ジェフ対ホーリーホック
 2 ― 1


勝ちに見放されて1ヵ月が過ぎ
なんか期することがあったらしい為田が開眼のようですw

同時期に移籍して来た矢田も初ゴールだったんだけど
9試合~10試合使われてやっととか
遅すぎでしょw


ま 移籍早々は遠慮が先に立ちますから
オレがオレが とは行きづらいのも分かりますけど
時期が時期だっただけに
夏場の失速を助長したみたいな結果になり
なんか期することがあったとしても不思議ではないw

つーか もっと早めに期することがあったらよかったんだけどねw

あ 為田の初ゴールに喜んで
後ろから飛び付いたのは町田だったw

町田の初ゴールって
為田の5倍くらい手間がかかったっけw

町田に比べれば大分早いことになるけど
時期が時期だっただけに
遅すぎたとしか言いようがありません (クドいw



そーゆえば
「スパーズの穀潰し」として名を馳せたヤンセンですが
ついにトルコへ追放の刑とかw

ジェフにいるあの穀潰しも 
トルコへローンで出すぞ!!
くらい脅したら?

あ トルコは親日だからロシアあたりがいいかw


 


スポンサーサイト

| ジェフ | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社内報じゃないほう (タイトルは本文と関係ありません

ザスパクサツ対ジェフ
    2 ― 0


醤油スタジアムですからねぇ~
どんなしょーもないことが起こっても驚きませんが
( あ ダシャレじゃありません
今回はまた とりわけしょーもないことが起こりましたw


6月アタマから勝利がなく
2分13敗と絶不調で降格の危機に陥っている群馬さんに
2発も喰らって撃沈て・・・
たとえ指揮官がコロコロ替わっても
やさしいジェフ 健在w


あまりの不甲斐なさに
ハーフ・タイムのエスナイデルからは
戦術なんかカンケーない
と檄が飛んだそうですが
それに応えるがごとく ゴールに突進する船山
しかしトホホに終わるのは いつものことw

つーか 失点のきっかけを与えすぎの勇人もトホホだったけどw

GKが必死のセーヴをするほどのミドルが枠へ飛んで
こりゃ珍しいことがあるもんだ
と吉兆なのか凶兆なのか判断に迷ったけど
終わってみたら後者の方だったw

最後はフライング・ラリアットをかまして退場だったもんね
久しぶりのキャプテン・マークでアドレナリン出過ぎたかw


つーか折に触れて気になる 
フットボールに於けるモチヴェーションの重要性なんですが
このゲームの場合は
追い込まれてる群馬さんの方が上回ってたのは確かなようで
PO圏へのチャレンジに失敗して凹んでるジェフは
まさに一番イヤなタイミングの群馬出張でしたw


ま でも
追い込まれてる方もそれなりにテンパってるワケでして
またダメかもしんない
つー恐怖心を捨て去ることは困難を伴って当然なんですが
それを突くには左右に揺さぶりをかけ
視点を振り回してスキの出来た裏から仕掛けるのが一番有効なのに
その大きいサイド・チェンジが決まらないんじゃあ
やっぱダメかw

つーか 戦術なんかカンケーない
とか言ってるヒマがあったら
サイド・チェンジをピタっと決める練習でもすれば?

それから トレブルを達成した頃の
まんゆ最強時代の映像でも見てみるといいです。
格下のチームがうっかり先制でもしようものなら
本気で攻め込むまんゆに押し込まれ
あ~ やられる やられる!!
つー恐怖心でズルズル下がり
揺さぶりをかけられて
やっぱ やられてしまったでござる
つー落胆で満ち溢れていましたからw









| ジェフ | 23:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒ぶる清武 つーか 荒ぶりすぎw

ジェフ対ヴェルディ
 2 ― 2


野蛮人になることは推奨したけど
有休明けの清武は元気が余ってるらしくて
ラフ・プレーが目に余ってカラ回り気味w

基本ジェフ自体も ホーム連敗を止めなくちゃ
つー気持ちが強すぎてカラ回り気味なので
ドウグラスがフィットして来たヴェルディさんの思う壺な前半でしたw

しかし ハーフ・タイムを挟んで修正が効いたのか
先手を取ったのはジェフ
頼りになる男 ラリヴェイが決定力の高さを見せつけましたw

コメンタリからの情報によると
UAE時代にチーム・メイトだったミリガンと再会して旧交を温めたらしく
このままジェフ愛をより深め
今後も得点を重ねてシーズン20ゴールくらいを目指して欲しいんだけど
そうなったらなったでガンバや名古屋あたりに引き抜かれちゃうのかもw

あ ミリガンとゆえば
臨時とはいえ代表のキャプテンを任されてたけど
ミリガンがキャプテンだなんて
オーストラリアも人材不足なんじゃね?

先日の埼玉決戦では
オーストラリアに勝ったことが無い日本代表を心配する向きもありましたけど
終わってみればあの通り
日本の2点はいずれもミリガンのいたサイドからのものでした。

あれが 例えばラームだったりすると
攻める方は容易なこっちゃないし
上がって来られたら来られたで手を焼くし
ほんと ミリガンでよかったですよね 日本にとってw


などと横道に逸れてたスキに 同点弾を食らったw

さらにルイスが飛び出していて無人のゴールが狙われて逆転w

すぐさまラリヴェイが同点ゴールを突き刺したかと思ったら
ハンドだってさw
ハンド好きだな この主審w

ま その後 大久保のゴールで追い付いて事なきを得ましたが
セカンド・ボールやクリアがジェフの都合のいい方にこぼれたりして
流れはジェフに来てたから
再逆転の可能性もあったんだけど 力及ばず
みたいなw


一時は迷走してたヴェルディさんですが
ロティーナ監督の元 よく整備されたチームになり
PO圏内をキープする実力を窺わせるに十分な結果でしたけど
こっちは悶々とするしかございませんですw










| ジェフ | 00:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野蛮人ノススメw

ジェフ対FC岐阜
 1 ― 3


ホームで受けた恥辱をフクアリで晴らして
さぞかし胸のつかえが取れたでしょうね 大木はw

ま こっちは主力に夏休みを与えてる最中ですから
ホーム2連敗だって痛くも痒くもないし(強がるw

だって連敗を阻止するつもりだったら
もっとヴェテランを重用して手堅く行くべきなのに
矢田・為田・溝渕と 
お気に入りの3人を使い続けるエスナイデルですから
目先の勝利より 若手の育成を重視してるんですのよ(強がる強がるw


ただ あんまりやられっぱなしだと
せっかく戻って来たフクアリのお客さんに申し訳ないから
勇人だの山本だのヴェテランを投入し
いぶし銀の仕事っぷりも見せてくれる・・・
だけでなく 17歳古川の可能性も垣間見せてくれるなんて
エスナイデルはん
どんだけとっ散らかってますねんw



ホイホイと3発決まった岐阜さんに比べ
必死に足掻いて1発返すのがやっとだったフラストレーションのせいか
熊谷が珍しく熱くなってましたけど
キャラ的にちょっと大人し目でしたから
一皮剥けるいいチャンスじゃね?
累積で2節出場停止だから
その間にワイルドになって戻って来たら楽しみw

つーかさぁ 
ジェフ・サポの皆様がお気に入りの町田とか
あんなんじゃ全然物足りないんだけど
エスナイデルお気に入り3人衆なんか
こじんまりして大人しすぎて
もっと物足りないよねw

せっかく肉食化しつつあったのに
7点獲らないとヤバい
と発破をかけて来た大木の迫力にひれ伏したようなもんだし
ギラギラしてたのは熊谷や指宿だけだったとは寂しいかぎりw

紳士がやる野蛮なスポーツがラグビーなら
野蛮人がやる紳士のスポーツがフットボール
と言われてるくらいだから
もっとワイルドさ多目でお願いしたいw

あ なんか成田の狂犬とか
元々ワイルド多目のヤツもいたけど
一向に決まらないのは
狂犬病の予防接種でも受けたの?

| ジェフ | 02:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウェンブリーは裏鬼門w

スパーズ対チェルシー
 1 - 2


カンテがいるのにカンテ・ロス現象とは これいかに?
つー禅問答のような開幕戦のチェルシーでしたが
コンテは相当ネジ巻いて来ましたw

ダブル・ピボットで頼りないなら
カンテ・バカヨコ・ルイスを並べたトリプル・ピボットって
どんだけ守備的w

ま これでエリクセンの自由を奪うことに成功しました。
スパーズにやられる
すなわちエリクセンにやられる
つーことでしたからねw

それでも変幻自在な攻めを見せ
ゴールに迫るスパーズでしたが あと一歩届かず
逆にチェルシーはワン・チャンスを生かし
アロンソがFKを決めて先制。

1点獲ったらさらに引きこもるチェルシーでしたから
やっぱウェンブリーって相性悪しw

と諦めの空気が流れ始めた82分
セット・プレーからバチュアイがOGwwww

相性悪し発言取り消し準備を始めようとしたけど
88分に落とし穴w

またアロンソに一発食らってどんよりw
やっぱダメでしたw

試合後にそこを突かれたポチェは
ウェンブリーのせいじゃない
と必死に否定してましたが
正面に来たアロンソの低いシュートなのに
キャッチしようと体を倒してトンネルするポカw

名手ロリスにしては考えられないミスなんですが
これは確実になにかありますw

下の地図をご覧ください。

SnapCrab_NoName_2017-8-22_13-53-24_No-00.png

ホワイト・ハート・レーンから見ると
ウェンブリーは西南西方向にあります。
建設中の新スタジアムはレーンのさらに北にありますから
そっちから見たらまさに裏鬼門になっちゃうカンジ?

7万人以上も入ってるのに
入れ物が大きいせいでバクスタがガラガラに見えちゃうし
なんとか追いつこうと最後まで反撃してるんだけど
帰りの混雑を避けるためか お客がどんどんいなくなっちゃうので
なんか盛り上がりに欠けるしw

こりゃ厄介だわw



こんなに気分が滅入ったときは
なにかで紛らわすしかないんですが
そのなにかがすぐに見つかりましたw

ストーク対ガナーズ
  1 - 0

さっそく降格候補に上げられてるストークですが
ホームのガナーズ戦は一味違うw

つーか 先生の方にアレルギー反応があるのかもw

オフ・サイドじゃないのに
同点ゴールを認めてもらえなくてウジウジw




あ もう一個朗報があったw

われらがバギーズ 40年ぶりの開幕2連勝wwwww

ルカクがまんゆに行ったおかげで
ルーニーがエヴァートンに戻りました。
すると弾き出されるのはギャレス・バリー。

ギャラに見合った仕事をしてないことで有名なフレッチャーが
まんゆの先輩ヒューズに呼ばれてやっといなくなりましたから
バギーズにとってバリーが放出されたのはラッキーでしたw

ロイ・キーンじゃないけど
スコットランドの人がフレッチャーを持ち上げるのワケわからんw

スコットランド以外の誰が見たって
バリーのが有能に決まってるしw








| プレミア | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT